柚子クリームのタルト oishii

ジョエル・ロブションの“レモンのタルト”のレシピを参考に、今回の柚子タルトは柚子クリームを焼かずに冷やして作った。タルト生地にも作り方がいろいろあり、今回は柚子クリームに合わせてパート・サブレのレシピを少しアレンジして使った。
柚子の香りがとてもさわやかで、パート・サブレに良く合っておいしい。
最後の飾り付けに自家製の柚子のジャムをのせた。



d0142896_8494547.jpg

目の覚めるような酸味がたまらない



d0142896_8501367.jpg

きれいな柚子のきいろ



●材料
10cmのタルト型約7~8個分

<パート・サブレ>
|小麦粉100g
|粉糖50g
|バニラシュガー10g
|アーモンドプードル20g
|冷たいバター80g(1mの角切り)
|卵黄1個
|塩ひとつまみ

|打ち粉適量

<柚子クリーム>
|柚子果汁120ml
|柚子皮(すりおろしたもの)1個分
|全卵3個+卵黄1個
|グラニュー糖100g
|冷たいバター120g(1cmの角切り)
|水大さじ2

<飾り用>
|柚子ジャム適量

●作り方
1.パート・サブレを作る。小麦粉と粉糖20gをボウルの中で合わせ、アーモンドプードルを加えて手で混ぜる。
2.1を作業台の上に小山に盛り、中央にくぼみを作り、バター・塩・残りの粉糖・バニラシュガー・水を加え、指先で手早く混ぜる。周りの小麦粉を混ぜ込まないように気をつける。
3.2に卵黄を加えて手で混ぜる。決してこねないこと。最後に周りの小麦粉を上からかぶせ、全体を手早く混ぜる。
4.3を両手の間で素早くもみほぐし、砂のように落とす作業を2~3回繰り返し、生地を細かいそぼろ状にする。
5.4をひとまとめにし、ラップで包んで冷蔵庫で30分冷やし生地を締める。
6.5を手のひらでつぶして作業台と麺棒に軽く打ち粉をし、2mmくらいの厚さに延ばす。
7.タルト型に薄くバター(分量外)を塗り、打ち粉をして余分な粉を払い落とす。
8.7の生地にフォークで5箇所くらい穴を開ける。
9.タルト型の直径にふちの高さを加えた直径の円形に生地を切り抜く。
10.生地を麺棒で巻き取り、タルト型にのせて広げ、生地を指先で押しながらタルト型のふちに落ち着かせ、タルト型からはみ出した生地は外側に軽く折り返し、麺棒をふちの上で転がして切り落とす。
11.10を冷凍庫に入れて20~30分冷やす。
12.180度に予熱したオーブンに11を入れて12分くらい焼き色が付くまで焼く。
13.柚子クリームを作る。ボウルに全卵・卵黄・グラニュー糖を入れて泡たて器でクリーム状になるまで混ぜる。
14.鍋に熱湯を入れ、13に柚子皮・柚子果汁を加えて混ぜ、弱火で湯煎しながらなめらかなクリーム状になるまで混ぜ続ける。
15.14にバターを入れ、弱火のまま混ぜ、火を止める。
16.15の粗熱を取り、12の空焼きしたタルト生地の8分目くらいまで流し込み、柚子ジャムを飾り、冷蔵庫で2時間くらい冷やす。



☆柚子は無農薬のものを、よく皮を洗ってから使ってください。柚子果汁はこの分量ではかなりすっぱいので、110mlくらいにしても良いでしょう。直径20cmくらいの型1個でも同じ分量で作れます。柚子クリームが余ったらパンに塗って食べてもおいしいですよ。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2010-11-03 09:01 | タルト


キッチンいっぱいに広がる幸せの香り                   


by ckichen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

ブログジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧