ボルシチ oishii

ビーツは輸入食材店で缶詰の物を買った。ヨーロッパでは4株が1袋に入って真空パックされて売られている物が多かった。テスコでは1ポンドくらいだったと思う。

ビーツはボルシチを作りたいと思って買った。去年の春にモスクワで軟禁されていた時に食事で何度か出てきた時、私はこれでもかというくらいスメタナをかけて食べた。食事はビュッフェ形式だった。
ロシアに6年住んでいたという仲間とプラハのスーパーで買い物をした時、スメタナを見つけた仲間が喜んでいたので聞くと、スメタナはフランスにはないので久しぶりにロシアの味に出会えてうれしいのだと言っていた。それ以来、スメタナは私の中で貴重な物で、思いがけずロシアで出会えたので私はたっぷりスメタナをかけてボルシチを味わったのだった。その仲間はアントワープでボルシチを作ってくれた。

スメタナは日本のスーパーで見たことはないけれど、もしかしたら通販で手に入るかもしれない。でも今回はスメタナの代りにプレーンヨーグルトを使った。



d0142896_10335416.jpg

ビーツはこんなに赤くなる きれいな赤紫




d0142896_10343463.jpg

世界三大スープのひとつ 野菜が一度にたくさんとれる



●材料
3人分

|スライスビーツ缶詰2分の1缶(細切り)
|ビーツ缶詰の煮汁2分の1缶分
|パンチェッタ100g
|にんじん1本(たてに2~3等分してから粗めの千切り)
|玉ねぎ1個(2mm幅の薄切り)
|キャベツ4分の1(芯を取って千切り)
|じゃがいも2個(皮をむいて1.5cm幅の角切り)
|トマトピュレ大さじ2
|にんにく1かけ(みじん切り)
|水500mlくらい
|スープの素1個
|サラダ油大さじ2
|プロヴァンスハーブ少々
|塩少々
|挽きたての胡椒少々

|パセリ2枝(みじん切り)
|プレーンヨーグルトかサワークリーム適量

●作り方
1.鍋ににんにくとサラダ油を入れて中火で炒め、香りが出てきたらパンチェッタを入れてパンチェッタに焼き色が付くまで炒める。
2.1ににんじん・玉ねぎを加えて炒め、玉ねぎがしんなりしてきたらキャベツを入れてさらに炒める。
3.2に水とビーツ缶詰の煮汁とスープの素とプロヴァンスハーブを入れて沸騰するまで煮込み、そこへじゃがいもとビーツを入れてじゃがいもが柔らかくなるまで中火から弱火で煮込む。
4.3に塩・胡椒で味を調える。
5.器に4を盛り付け、パセリを散らし、ヨーグルトをかける。



☆今回は肉にパンチェッタを使いましたが、牛肉やハムを使ったり、肉類が入らないボルシチもあるようですのでお好みでお試しください。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-02-06 11:02 | スープ


キッチンいっぱいに広がる幸せの香り                   


by ckichen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

ブログジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧