カテゴリ:揚げ菓子( 3 )

ベルリーナー oishii

ずっと作りたいと思っていたドイツの揚げ菓子ベルリーナーを作った。ベルリン以外にもいろんな場所で見かけたベルリーナー。リッチな甘い生地には甘いジャムが詰められていて、コーヒーや紅茶と合わせるとそれはそれはおいしい。



d0142896_7412832.jpg

揚げたてのふわふわの生地が最高においしい



d0142896_8193723.jpg

生地を型で抜く作業 揚げる作業もとても楽しい揚げ菓子作り



d0142896_820284.jpg

500gの強力粉で18個揚げた!



d0142896_821620.jpg

ジャムを詰めたところ



d0142896_821482.jpg

粉砂糖の他にグラニュー糖をまぶしても良い




●材料
6㎝の型18個分

<パン生地>
|強力粉500g
|牛乳250ml
|ドライイースト7g
|砂糖70g
|塩ひとつまみ
|卵黄2個分
|バター50g(室温に戻しておく)

|サラダ油適量
|粉糖
|いちごジャム適量

●作り方
1.ホームベーカリーに<パン生地>の材料をセットして生地を作る。
2.1を強力粉を敷いた清潔な台にのせ、生地の空気を抜きながら2㎝幅にのばし、直径6㎝の丸型で抜く。
3.クッキングシートに2をのせて、40度のオーブンか暖かい部屋に1.7倍くらいに膨らむまで1時間くらい置く。
4.鍋に5㎝位サラダ油を注いで中火で熱し、3を一つずつ入れて両面がきつね色になるまで菜箸などでひっくり返しながら揚げる。
5.4をキッチンペーパーにのせて油を切り、粗熱を取る。
6.口金を付けた絞り出し袋にジャムを詰め、5の横から絞り金を突き刺して中央に絞り出す。
7.6をお皿やトレイなどに並べて、茶こしで粉糖を両面にかける。



☆4の工程でクッキングシートに生地がくっ付いている場合は、クッキングシートをハサミで生地の大きさより少し大きめに切り取って、シートごと揚げ油の中へ入れてください。静かにそっと入れて、シートがはがれたらシートを取り出してください。くれぐれも火傷にご注意ください!



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2012-05-04 08:36 | 揚げ菓子

チュロスとチョコラータ

いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。年内の更新はこれで最後になります。
来年もみなさんにとってすばらしい1年になりますように。
これからもたくさんのおいしい記事をアップしていきますので、どうぞよろしくお願いします!



d0142896_972568.jpg

マドリッドの味が恋しくてチュロスを作った



d0142896_982614.jpg

たっぷりチョコレートを溶かしてチョコラータも作った



d0142896_99241.jpg

チュロスとチョコラータは寒い日のおやつに最高の組み合わせ



●材料
3~4人分

チョコラータ

<チュロス>
|薄力粉100g(ふるいにかける)
|水190~220mlくらい
|塩ひとつまみ
|バター20g

|サラダ油適量

|グラニュー糖大さじ3

●作り方
1.小さめの鍋に水・塩・バターを入れて火にかけ沸騰させる。
2.1が沸騰したら火を止め、一気に薄力粉を入れて木べらやゴムベラで手早く粉っぽさが消えるまで混ぜる。
3.2の粗熱が取れたら大き目の花口金を付けた絞り袋に2を入れ、クッキングシートにたて18cmくらいずつ絞っていく。
4.フライパンにサラダ油を中火で熱し、3を1本ずつ手でつまんで落とし入れ、全体がきつね色に色付くように途中でひっくり返す。
5.4が揚がったらキッチンペーパーを敷いた皿や網にのせ、粗熱を取る。
6.5の粗熱が取れたらきれいなビニール袋にグラニュー糖と一緒に入れ、袋の口を縛って軽く袋を振って全体にグラニュー糖をまぶす。
7.6を袋から取り出し、チョコラータに添える。



☆チュロスの水の量はとても難しいです。冬場は粉が乾燥している分、多めに入れたほうが生地が扱いやすいです。水が少ないと搾り出せないくらい生地が固まってしまいます。そうなったら一度袋から生地をボウルにでも出して、お湯を加えて練り直してください。ただし、生地がやわらかいと揚げたときに生地が散らばってしまい、うまくまとまりません。シンプルなレシピではありますが、悩ましいです。
チョコラータの代わりにカフェ・コン・レチェ(ミルク入りコーヒー)でもよく合います。スペインでは定番の朝食のスタイルです。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2010-12-31 09:32 | 揚げ菓子

プラリネ紫芋

さつまいもの季節になるといつも作るプラリネポテトを、今回は紫芋で作った。出来上がりは不思議な揚げ物という感じだったけれど、さつまいもの味をしっかり感じられるおいしいおやつになった。



d0142896_5205083.jpg

苦味と香ばしさのあるプラリネとよく合っておいしい



●材料
大皿一皿分

|紫芋500g
|サラダ油適量
|砂糖200g
|水大さじ1

●作り方
1.紫芋は皮を剥いて乱切りにする。
2.鍋にサラダ油を入れそこへ紫芋を入れて中温で揚げ、油を切っておく。
3.フライパンで砂糖を煮詰め、茶色になったら水を一度に入れカラメルを作る。
4.3に2を入れ手早く絡める。



d0142896_5272748.jpg

バニラアイスや餡子と一緒に食べてもおいしい



d0142896_5281293.jpg

カラメルが付いたフライパンは水を入れて沸騰させるときれいに取れる



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2009-09-16 05:29 | 揚げ菓子


キッチンいっぱいに広がる幸せの香り                   


by ckichen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

ブログジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧