カテゴリ:マカロン( 4 )

マカロンの失敗

いつもこのブログを見に来てくださるみなさん、いつもありがとうございます!

せっかく見に来てくださるのに、最近は毎日更新出来ずにごめんなさい!ちょっとまた更新してないじゃないの!この人本当にやる気あるのかしら?と思われたかもしれません。
でも料理は毎日しています!ただこのブログのテーマであるヨーロッパのごはんではなく、和食が中心でした。洋食も作るけれど、我が家は基本和食です。最近はレシピとして残せる写真があまり撮れずに、ブログの更新が出来ませんでした。

そして毎日のごはんの他に、最近は毎日のようにマカロンを作っていました。つやつやでかわいいマカロンタワーが作りたかったからです。でも失敗が続き、昨日で諦めました。どうしてもしっかりしたピエが出来ませんでした。人に見てもらうなら、絶対に完璧に美しいものじゃないと!
失敗したマカロンを食べていたら、夫にこれは甘すぎるからあまり食べない方が良いと言われました。だから毎日3個までにして、しばらく食べ続けます。味は良いんです。マカロンはエスプレッソとよく合います。

これほどマカロンを失敗し続けるといい加減に自分に自信をなくします。夏場で湿気が多いのが一番の問題ですが、成功したことがあるものを失敗するのはなんと悔しいことか!

以前、ルームシェアしていた女性は“料理は自己肯定作業である”と言っていたけれど、これほど出来ないと自分が情けなくなります。せっかく楽しい料理の時間がストレスになってきたので、もうマカロンは諦めて、冬まで作らないことにしました。



d0142896_14255594.jpg

ごはんは毎日作っています!



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2012-06-21 14:52 | マカロン

マカロンメゾン

マリコ・デュプレシさんのレシピを少しアレンジしてマカロンを焼いた。
このマカロンはラデュレのマカロンのようにつやつやで鮮やかなカラーのタイプではなく、素朴で作りやすい家庭的なマカロン。今回はマリコさんのレシピ通り、皮つきのアーモンドホールをブレンダーのチョッパー機能で粉状にして作った。これはもうとても良い香り。シンプルな材料で作る最高においしいおやつ。



d0142896_1047341.jpg

焼き上がりのオーブンから出したてのところ アーモンドのとてもいい香り!



d0142896_10461590.jpg

生地を搾り出したところ



d0142896_10505569.jpg

紅茶に合わせて何個も食べた




●材料
オーブン皿3皿分

|アーモンドホール(皮つき)150g(またはアーモンドプードル)
|粉糖150g
|卵白2個分
|バニラシュガー大さじ1(もしくはグラニュー糖大さじ1+バニラエッセンス少々)

●作り方
1.アーモンドはフードプロセッサーなどで粉状にし、ボウルに入れて粉糖と一緒に混ぜ合わせておく。
2.別のボウルに卵白を泡立て、バニラシュガーを混ぜて角が立つまで泡立ててメレンゲを作る。
3.1を2のボウルに加えてゴムべらでさっくりと混ぜ合わせる。
4.3をしぼり出し袋に入れ、直径4㎝位の円形になるようにクッキングシートの上に搾り出し、190度に予熱したオーブンで10分くらい焼く。



☆4の焼きあがった後は、すぐにクッキングシートかからはがそうとするとうまくはがれませんので、粗熱が完全に取れてからはがしてください。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2012-05-13 10:53 | マカロン

ショコラのマカロン oishii

久しぶりに作って大失敗したマカロンに再挑戦した。今回はイタリアンメレンゲで作ったらしっかりとピエが立ち、表面にひび割れもなくつややかなマカロンが出来た。これからはイタリアンメレンゲで色々な味を作りたい。



d0142896_754465.jpg

プレゼントにぴったりなマカロン



●材料
2~3人分

<イタリアンメレンゲ>(作りやすい分量)
|卵白30g
|グラニュー糖5g

|水17ml
|グラニュー糖55g

<生地>
|イタリアンメレンゲ30g
|アーモンドプードル20g
|卵白8g
|粉糖20g
|ココア少々

<ガナッシュ>
|ブラックチョコレート30g(細かく砕いておく)
|生クリーム20ml
|バター5g
|ラム酒5少々
|塩ほんの少し

●作り方
1.ボウルにイタリアンメレンゲ以外の<生地>の材料を入れてゴムべらで練り合わせておく。
2.イタリアンメレンゲを作る。ボウルに卵白とグラニュー糖を入れてミキサーで6分立てくらいに泡立てる。
3.フライパンに水とグラニュー糖を入れて火にかけ、カラメルになる直前のぐつぐつとフライパンの底が透明に泡立った状態になってから1分程経ったら火を止め、2に細く垂らして落としながらミキサーで混ぜ合わせる。
4.3をさらに混ぜ、艶やかでしっかりとしたメレンゲになったら1に入れゴムべらで泡を軽くつぶすように生地全体が同じ色になるまで丁寧に混ぜる。
5.4を絞り出し袋に入れ、直径2.5cm位の円形になるようにクッキングシートの上に絞り出し、軽くゆすって円を3cm位に広げ、表面を触っても何もついてこなくなるまで2~3時間乾燥させる。
6.170度に予熱したオーブン入れ、130度に温度を下げて12~15分くらい焼く。
7.ガナッシュを作る。耐熱容器にラム酒以外の材料を入れてレンジで温めてチョコレートを溶かし、レンジから出してラム酒を加えてゴムべらで混ぜ合わせ、絞り出し袋に入れる。
8.6が焼けたら粗熱を取りクッキングシートからマカロンを外し、片面に7のクリームを絞り別のマカロンでふたをする。
9.冷蔵庫で一晩落ち着かせる。



d0142896_8173643.jpg

マカロン作るなら今 この乾燥した時期につくらなくちゃ



d0142896_8193043.jpg

泡がつぶれずしっかりとピエが立った




ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2010-02-01 08:27 | マカロン

茶色のマカロン

ピエがうまく作れずに、毎回私を深く落ち込ませたマカロン。
かわいいくせに、かわいくないことするわ。

その度に問題点を探って、どうしたらピエが立つのか、そればかり考えていた。
初めて作ったときはつるんとした、しかしふっくらと膨らんだピエのないマカロンだった。
問題は、材料か生地の乾燥の足りなさにあるみたい。
それからというもの、粉糖の種類を替えたり、アーモンドパウダーのメーカーを替えたり、生地を屋外で乾燥させようとしたり、エアコンの温風で乾燥させようとしたり、レンジで温めてみたり、と思いつくことはすべてやってみたけれど、生地の乾燥がうまくいかない。

そして今回、そうだ冷蔵庫だわ、とひらめき1時間弱冷蔵庫に生地を入れてみたところ、生地を触っても何もついてこない硬さに乾燥していた。

ついにやったわ!

まだ頼りないピエ。
それでも今までに比べたら立派なもの。
次はもっと上手に作れますように。




d0142896_20163882.jpg

コロンとかわいくて このまま飾っておきたい



d0142896_20173261.jpg

口に入れたら アーモンドがぎっしり



d0142896_20183494.jpg

冷蔵庫乾燥が一番!



<作り方>
ボウルに卵白40g(Lサイズ1個分)とグラニュー糖45gを入れ、泡立て器で白いクリームになるまで混ぜ合わせる。そこへふるいにかけたアーモンドプードル50g・粉糖40g・純ココア7gを入れ、カードやゴムべらで、ボウルにこすり付けるように粒を消しながら、ツヤが出るまで混ぜ合わせる。とろっと生地が流れるようになったら、絞り出し袋に入れ、クッキングシートの上に3cmくらいの円を描くように絞り、冷蔵庫に入れて乾燥させる。1時間くらい経ったら、生地の表面を触って何もついてこないか確認し、150℃に予熱したオーブンで8分くらい焼き、ピエ(マカロンの底に付く毛のような泡立ちのようなもの)が出来ているか確認し、出来ていたら130度に温度を下げて5分くらい焼く。
生クリーム100ccとグラニュー糖10gをしっかり泡立て、マロンクリーム50gと合わせたクリームを絞り、マカロンで挟む。



ご覧いただき、ありがとうございます!
→人気ブログランキングへ
[PR]
by ckichen | 2008-02-02 20:38 | マカロン


キッチンいっぱいに広がる幸せの香り                   


by ckichen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

ブログジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧