<   2011年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ズッキーニとねぎのリゾット oishii

リゾットにドライトマトを入れるとぐっと味に深みが出る。野菜だけでもこんなにおいしい。



d0142896_6484150.jpg

温かいものを温かいまま食べれるって幸せだね



d0142896_6485538.jpg

チーズをたっぷりすりおろして食べると最高!




●材料
2人分

|ごはん2膳
|ねぎ1本(3㎝幅のざく切り)
|ズッキーニ(粗みじん切り)
|ドライトマトのオリーブオイル漬け2枚(適当にちぎる)
|バジル4枚(適当にちぎる)
|にんにく1かけ(みじん切り)
|オリーブオイル大さじ2
|パルミジャーノ・レッジャーノ
|スープストック2カップ
|塩少々
|挽きたての胡椒少々

●作り方
1.鍋ににんにくとオリーブオイルを入れて火にかけ、ねぎとズッキーニを加えて野菜が柔らかくなるまで木べらで炒める。
2.1にドライトマトを加えてさっと炒め、バジルとスープストックを加えて沸騰させる。
3.2が沸騰したら、ごはんを加えて4分くらい弱火で煮込み、塩・胡椒で味を調える。
4.3を皿に盛り付けパルメザンを好みですりおろしかける。



☆ドライトマトのかわりに生トマトを使ってもおいしいですよ。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-30 07:07 | リゾット

マドレーヌ・オ・ショコラ

冬になると食べたくなるチョコレートのお菓子。今回はマドレーヌを作った。
お菓子作りは楽しい。チョコレートを湯せんにかけているだけでわくわくしてくる。



d0142896_6501187.jpg

さっくりと焼きあがったマドレーヌ



d0142896_6502180.jpg

丁寧にお菓子を作る時間はいいなぁ




●材料
マドレーヌ型15~18個分

|薄力粉100g
|ベーキングパウダー小さじ2分の1
|ブラックチョコレート50g(細かく砕いて湯せんにかけて溶かしておく)
|バター100g(湯せんにかけて溶かしておく)
|卵2個
|バニラシュガー100g

●作り方
1.マドレーヌ型にバター(分量外)を薄く塗り、冷蔵庫で冷やす。
2.溶かしたバターとチョコレートを一緒にしてゴムべらで混ぜておく。
3.ボウルに卵とバニラシュガーを入れ、泡たて器で白っぽくもったりとしたクリーム状になるまでしっかりと混ぜる。
4.3に薄力粉とココアとベーキングパウダーをふるい入れ、泡たて器でなめらかなクリーム状になるまで混ぜる。
5.4に2を加えてさらに混ぜ、ラップをかけて冷蔵庫に入れて1時間休ませる。
6.1の型を冷蔵庫から取り出し、薄く薄力粉(分量外)を茶漉しでふりかけ、余分な粉を落とす。
7.6に5の生地をスプーンですくって8分目まで流し入れ、180度に予熱したオーブンで15分くらい焼く。



☆今回はココアを入れていませんが、薄力粉を20g減らして、ココアを20g加えてもおいしいです。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-29 07:02 | マドレーヌ

チョコとアーモンドのビスコッティ

久しぶりにビスコッティを焼いた。ビスコッティの作り方はシンプルだけど、焼き加減が難しくていつも同じようにはいかない。いつも最高においしい焼き上がりが出来たらいいな。



d0142896_7112412.jpg

焼けたチョコとアーモンドが香ばしい



d0142896_6551339.jpg

コーヒーやホットミルクに浸して食べると温かい



d0142896_6554617.jpg

切り分けるときはチョコが溶けて熱いので慎重に!




●材料
2~3人分

|薄力粉130g
|グラニュー糖70g
|卵1個
|バニラエッセンス少々
|ベーキングパウダー小さじ1
|塩ひとつまみ

|ブラックチョコレート40g(1.5cm角くらいに手で割る))
|ローストアーモンドホール20g

●作り方
1.ボウルにグラニュー糖と塩・卵・バニラエッセンスを入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
2.1に薄力粉とべーキングパウダーをふるい入れ、ゴムべらでさっくりと切るようにして混ぜ合わせる。
3.2にチョコレートとアーモンドを加えて全体に散りばめるようにして混ぜ合わせる。
4.クッキングシートに薄力粉少々(分量外)をふりかけその上に3をのせ、楕円形になるように手で成形する。
5.180度に予熱したオーブンに入れて15~20分くらい焼き、一旦取り出して1cm幅に切る。
6.5を断面を上下にしてクッキングシートに並べ直し、オーブンに戻して180度で10~15分くらい焼く。
7.焼き上がったら乾燥させて冷ます。



☆温度や時間は季節やオーブンによって調節してください。
5の工程の焼き上がりの見極めが難しいですよね。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-28 07:06 | ビスコッティ

ブロッコリーのパルミジャーノ・レッジャーノ和え

さっとゆでたブロッコリーに、グロセルと胡椒・エキストラバージンオリーブオイルとパルミジャーノ・レッジャーノをたっぷりすりおろして和えた。あっという間に出来て、大きめのボウルで作ればそのままテーブルへ出せる。



d0142896_17232811.jpg

シンプルで最高においしいブロッコリー



d0142896_17234515.jpg

温サラダとしても 料理の付け合せにもいい




☆オリーブオイルとにんにくで炒めたパスタと絡めてもおいしいですよ。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-27 17:42 | 野菜

ロールキャベツ

ロールキャベツは世界中に同じようなレシピがあるのがおもしろい。家庭ごとに作る工程も、味も少しずつ違うのだろうな。フランス語では“chou farci”。フランスでは硬くてしわしわのキャベツを使って作られる。



d0142896_11432765.jpg

これは東京の片隅で作った私のロールキャベツ



d0142896_11433722.jpg

キャベツがやわらかくとろとろになるまで煮込むのが好き




●材料
4人分

|豚ひき肉400g
|キャベツ外側から8~12枚(芯の白い部分を切り落としておく)
|パン粉大さじ3
|玉ねぎ1個(みじん切り)
|にんじん1本(みじん切り)
|卵1個(溶いておく)
|塩少々
|挽きたての胡椒少々

<スープ>
|水400cc
|ドライトマトのオリーブオイル漬け2枚(適当にちぎる)
|プロヴァンスハーブ少々
|ローリエ1枚
|固形スープの素1個
|塩少々
|挽きたての胡椒少々

|バター20g

●作り方
1.鍋でお湯を沸かし、そこへキャベツを入れてゆで、ざるに取っておく。
2.ボウルに豚ひき肉・パン粉・みじん切りにした玉ねぎとにんじん・溶き卵・塩・胡椒を入れ粘りが出るまで5分くらい手でこねる。
3.2を6等分し、キャベツで巻く。
4.鍋に3を隙間なく並べ、スープの材料全てを鍋に入れて沸騰させ、そのあと落し蓋をして20~30分くらい弱火で煮込み、最後にバターを加えて5分ほど煮込む。



☆溶き卵の量は具の柔らかさによって調節してください。スープの水の量も、ロールキャベツのかさによって調節してください。ロールキャベツが隠れるくらいの量が目安です。途中で水分が減ってしまったら水を足してください。
キャベツの代わりに白菜を使ってもとてもおいしいですよ。ドライトマトはトマト味にするためではなく、味に深みが増すので加えましたが、なくてもおいしく出来ます。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-26 11:59 |

オイルサーディンとトマトのタリアテッレ

缶詰が主役の大好きなパスタ。サーディンとトマトのソースがリボン状の麺によく絡んでおいしい。



d0142896_22165764.jpg

にんにくとアンチョビとトマトの香り



d0142896_22174039.jpg

トマトの甘いソース




●材料
3人分

|パスタ300g
|にんにく1かけ(みじん切り)
|玉ねぎ小2個(粗みじん切り)
|トマトダイスカッ1缶
|トマトピュレ大さじ1
|オイルサーディン1缶
|アンチョビペースト小さじ2
|コンソメ1個
|プロヴァンスハーブ少々
|オリーブオイル大さじ2
|塩少々
|挽きたての胡椒少々

●作り方
1.タリアテッレを茹でる。
2.フライパンににんにくとアンチョビペーストとオリーブオイルを入れて火にかけ、香りが出てきたら玉ねぎを加えて炒め、玉ねぎが透き通ってきたらオイルサーディンを入れて木べらでサーディンをほぐしながらソースにする。
3.2にトマト・コンソメ・トマトピュレ・プロヴァンスハーブを加えて煮詰め、塩・胡椒で味を調える。
4.3にタリアテッレと茹で汁少々を入れて和える。



☆写真は出来上がりにパルミジャーノ・レッジャーノをすりおろしています。お好みでどうぞ。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-24 22:30 | パスタ

野菜のココット

これは野菜だけのココット。たくさんの野菜を一度に食べられる。



d0142896_653419.jpg

かぶが甘い



d0142896_6532121.jpg

レモンを絞っても良い




●材料
3人分

|にんじん1本(縦に8等分し、下ゆでしておく)
|かぶ8個(皮をむいて下ゆでしておく)
|ズッキーニ1本(へたを取って1㎝幅の輪切り)
|ねぎ1本(3㎝幅のざく切り)
|グロセル少々
|プロヴァンスハーブ少々
|挽きたての胡椒少々
|オリーブオイル大さじ2

●作り方
1ボウルにすべての材料を入れて和える。
2.ココット皿にオリーブオイル(分量外)を薄く塗り、1を入れて220度に予熱したオーブンで30分くらい焼き色が付くまで焼く。



☆お好みの野菜でお試しください。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-24 07:04 | ココット

マロンペーストとくるみのケーキ

見た目は地味な茶色のケーキだけれど、マロンペーストがたっぷり入って栗の甘い香りとくるみが香ばしい秋のケーキ。
マロンペーストが甘いからって砂糖を遠慮して少な目にするよりも、しっかり甘い方がこれはおいしい。ケーキって甘いからおいしいんだもの。



d0142896_1031469.jpg

シナモンパウダーを一振り入れたけど香りは消えちゃった



d0142896_10311461.jpg

でも栗のとても良い甘い香り




●材料
アルミの小さめのパウンド型(直径14高さ5㎝くらい)2個分

|薄力粉150g
|バター100g
|バニラシュガー100g
|卵2個
|ベーキングパウダー小さじ1
|シナモンパウダー少々

|マロンペースト100g
|ローストくるみ(適当に割る)30g

●作り方
1.ボウルに室温に戻したバターとバニラシュガーを入れ、泡だて器で白っぽくもったりするまですり合わせる。
2.1に卵を1個割り入れ白っぽくなるまで混ぜ合わせ、もう1個の卵も割り入れさらに混ぜ合わせ、マロンペーストを加えてさらに混ぜ合わせる。
3.2に薄力粉・ベーキングパウダー・シナモンパウダーをふるいにかけながら入れ、ゴムべらで生地を切るようにしながらさっくりと混ぜ合わせる。
4.3にくるみを加え、ざっくりと混ぜ合わせる。
5.4をパウンドケーキ型に流し入れ、180度に予熱したオーブンで30分くらい焼く。



☆5の工程では、今回は小さなアルミのパウンド型を使ったので、最初に180度のオーブンで15分焼き、そのあと160度にして15分焼きました。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-23 10:44 | パウンドケーキ

アーモンドとくるみとチョコレートとレーズンのクッキー

これは大好きな組み合わせ。焼き上がりは香ばしくて甘い香り。



d0142896_22262224.jpg

焼けたチョコレートやナッツの香ばしさがたまらない



d0142896_22263152.jpg

オーブンから良い香りが漂って 焼き上がりが楽しみなお菓子




●材料
15個分

|薄力粉170g
|バター120g(室温に戻すかレンジでやわらかくなるまで温める)
|砂糖80g
|卵1個
|バニラエッセンス少々
|チョコレート60g(冷凍庫で冷やしてから手で7mm角くらいに割る)
|ローストくるみ30g(適当に砕いておく)
|ローストアーモンド20g(適当に砕いておく)
|レーズン40g

●作り方
1.ボウルにバターと砂糖を入れて泡たて器で白っぽくもったりするまで混ぜる。
2.1に卵とバニラエッセンスを加えて混ぜる。
3.2に薄力粉を振るい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。
4.3に残りの材料を加えてざっくりと和える。
5.4をスプーンですくい取り、クッキングシートを敷いたオーブン皿に間隔を4cmくらい開けてのせ、スプーンの腹で軽く潰す。
6.180度に予熱したオーブンで焼き色が付くまで15分くらい焼く。



☆焼き加減はオーブンによって時間と温度を調節してください。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-21 22:29 | クッキー

トスカーナ風ビーフシチュー

アクを取って、それでもうまみはしっかり残す作業を丁寧に行って、表面が揺らめく程度の火加減でじっくり3時間煮込んだビーフシチュー。



d0142896_194234100.jpg

冬になると食べたくなる温かいシチュー



d0142896_19424695.jpg

今年もたくさん作ろう




●材料
5人分

|牛すね肉700g
|カットトマトの缶詰1缶
|玉ねぎ2個(くし切り)
|セロリ2本(乱切り)
|にんじん2本(皮をむき乱切り)
|じゃがいも中5個(皮をむき一口大に切って水にさらす)
|飴色たまねぎ大さじ3
|にんにく1かけ(みじん切り)
|赤ワイン300ml
|スープの素1個
|水900ml
|プロヴァンスハーブ小さじ2
|ローリエ1枚
|ローズマリーの葉1枝(みじん切り)
|オリーブオイル大さじ3
|バター20g
|ゲランドの塩少々
|挽きたての胡椒少々
|小麦粉大さじ1

●作り方
1.牛肉は一口大に切り、塩・胡椒・ローズマリーを全体にまぶしておく。
2.フライパンににんにくとオリーブオイル大さじ1を入れて中火で熱し、香りが出てきたら1を入れて全体に焼き色が付くまで焼く。
3.鍋に2を移し、赤ワインとトマトを加え、中火で炒める。
4.2のフライパンに残りのオリーブオイルを追加してじゃがいも以外の野菜を加えて炒める。
5.4を3の鍋に加えて一緒に炒め、水とスープの素・飴色玉ねぎ・塩・プロヴァンスハーブ・ローリエを加えて沸騰させ、弱火にして様子を見てアクを取りかき混ぜながら2時間半煮込む。
6.じゃがいもを加え20分煮込む。
7.6に小麦粉をふるい入れて10分かき混ぜながら煮込む。
8.バターと胡椒を加え、足りなければ塩を加えて味を調節する。



☆実はこのレシピ、2009年12月に同じものを掲載しています。同じように作っても少しずつ違った味になるのが不思議です。これもまた手料理の面白さでしょうか。



ランキングに参加しています
どうぞよろしくお願いします!

→人気ブログランキングへ


[PR]
by ckichen | 2011-11-20 19:56 |

キッチンいっぱいに広がる幸せの香り                   


by ckichen

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。